☆エレガントな淑女を目指して、毎日を幸せにすごしましょ☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーヴル美術館展☆
2009年03月21日 (土) | 編集 |

念願のルーブル美術館展~17世紀ヨーロッパ絵画~が開催されている
上野の国立西洋美術館に行ってまいりました。

louvle1

3連休の中日で、さらに天候も良かった為、入るまでに行列でした。
もちろん、会場の中も人でごった返していました・・・

なんと!ラドゥレのお店も出展していましたよ!
ただ、BOXの色しか指定できず、マカロンの指定はできないみたいです。

なんとか、人ごみを潜り抜け、一つ一つ、じっくりと鑑賞してまいりました☆
なんて美しい絵画の数々。

私は印象派(ルノアールとか)が好きですが、
ラ・トゥールの今にでも動き出しそうな美しい絵「大工ヨセフ」と
展示のメインでもあるフェルメールの名作「レースを編む女」も本当に素晴らしかったです。

フェルメールは、え?というくらい小さかったです。

louvle2
※こちらの画像は、購入したパンフレットからの撮影になります

それぞれ、素晴らしいところばかりで目の保養になりました☆
あぁ~、うっとり。

3月25日からスタートする六本木のルーブル展も気になります♪

こちらは、外に展示されている作品たちです。記念にぱちりと撮影してみました。

*考える人*
louvle3

*地獄の門*
louvle4

次回は、国立博物館表慶展で開催されるカルティエ展に行こうと前売りも購入しました★
またご紹介いたしますね。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。