☆エレガントな淑女を目指して、毎日を幸せにすごしましょ☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎮魂献花☆
2012年03月18日 (日) | 編集 |
3月11日は未曾有の出来事から、丸1年。

長いようで、短いようでもあります。

東日本大震災の被害にあわれた皆様、ならびにご家族の皆様、

関係者の皆様へ心よりお見舞い申しあげます。
鎮魂のための献花として、いけました。

flower20120311  

ホワイトとグリーンの献花。

キイチゴとコデマリ。
尊重と友情という花言葉をもつもので、伸びやかさを。
 
明日という未来に向けて、被害にあわれた皆様のご冥福をお祈りして・・・

合掌

スポンサーサイト

お正月花2012☆
2012年01月03日 (火) | 編集 |
2012年の新年のお花とお料理についてご紹介させてくださいね。

今年は、蝋梅(ロウバイ)と水仙をメインにしたので、イエローベースでシンビジウムをあわせてみました。
2012_newyearflower1
*花材*
蝋梅(ロウバイ)
水仙
千両
ピンポンマム
シンビジウム
おめでたいお花なので、レッドベースでも良かったのですが、イエローでも華やかになりますね(*^-^*)
2012_newyearflower4 

蝋梅は、可憐な小花で、しかもとてもいい匂い。

いつも、いけばなの正月花は松とか梅が主流ですが、やりつくしちゃったので、
先生にオススメを伺ったら、蝋梅と伺い、オーダーしたのですが、大成功☆
2012_newyearflower2
伸びやかで愛らしい水仙

見た目は、可愛いのですが活けるには、難易度の高いお花。
葉を全部分解して、組み立てなおして、もともと付いていた”はかま”にいれなおしています。
2012_newyearflower3
見た目もとても華やかなラン科のシンビジウムと、まんまるく可愛いピンポンマム~
シンビジウムのイエローにあわせて、グリーンをチョイス。

この組み合わせ、ちょっと早いけれど春のイメージ(*^-^*)

新年のお正月花と一緒にお雑煮とおせち料理をいただきました☆

お恥ずかしながら、備忘録のため、お料理とテーブルコーディネートもあわせてUPします。
2012_newyearflower5

お花とあわせて、テーブルクロスはホワイト、プレートはゴールドでおめでたくあわせてます☆

お雑煮は、お出汁と醤油ベースで。
2012_newyearflower6

われながら、満足に作れましたがまだまだ修行がいるわぁ~。

。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。

今年も、インプットだけでなく、アウトプット中心に、していきたいと思います(*^-^*)

お花の技術も向上すべく、いけばなは春に准教授一級に昇給するので、引き続き練習に励み、
アレンジのほうはプロ育成のレッスンに行こうかな~と考え中。

しばらく、レッスンにいってないと、せっかく資格を持っていても忘れちゃいそうなので。

ポーセラーツは、もう終盤に差し掛かってきているので、3月あたり目標に卒業できるかな~。

そんな感じで、オケイコに励もうとおもいまーす。

ブライダルピンクの贈り物☆
2011年11月01日 (火) | 編集 |
先週末は、結婚式トップシーズンなので、各地でお見掛けしました。
主人も土曜日に友人の披露宴にご招待を受け、出席してまいりました。

主人の友人とそのご新婦さまとは一度面識もあり、せっかくの晴れの日のお祝いに何かを送りたい!と思いつき、急遽ユザワヤに駆け込んで材料を集めて作成しました☆

ポーセラーツでティーカップをとも思ったのですが、My釜がないのですぐには作れないので、お花にしようと思います(*^-^*)

フレッシュフラワーの方がすきなのですが、やはり贈り物はその日の思い出になるかなと思うので、プリザーブドフラワーでアレンジすることにしました♪

ウェディング姿の花嫁様をイメージして、清楚なクラウンの花器にホワイトローズとミルキーピンクのローズとホワイトのアジサイでアレンジ。
20111030bridalpinkrose1

カーネーションがあればいいのですが、地元のユザワヤさんは、ローズしか取り扱いがなくて・・・

でも、アジサイってふわふわして可愛いので、アレンジにはいいですよね。
淵がふわふわしているリボンもいれて、ドレスに見立ててみました。
 
20111030bridalpinkrose3

そして、花嫁さんのヴェールをイメージして、ヴェールをつけてみました。
20111030bridalpinkrose4

先端には、幸せのキーをつけて、永遠の愛をイメージ。
20111030bridalpinkrose2

リボンは、ピンクのドットにしちゃったので、ちょっと可愛いらしい感じになってしまいましたが、主人に渡してなんとか新婦様に届けてもらいました。

新婦様は、私よりもお姉さまだし、やっぱり結婚式といえばサムシングブルーのほうがいいかなと思ったのですが、ブルーよりも女性は、ピンクがいいかななんて、独断で選んでみましたが、
新婦様よりメールいただいて、本当に喜んでいただき、とってもとっても嬉しかったです(*^-^*)
作り甲斐があります~。

いろいろと、想像して作品を作成するのは、大変な作業ですが大好きな時間です☆
もっと、いろいろ想像できるように感性を磨かないと!

どうぞお幸せになってくださいね゚・*・゚*・


ハロウィンアレンジメント~ドラマティックレッド☆
2011年11月01日 (火) | 編集 |
10月31日は、ハロウィンでしたね。

ハロウィンのお花とテーブル&お料理を作りたかったのですが、仕事が忙しくてバタンキューしてしまいまして・・・
ヤキソバになっちゃいました(笑)

なので、今年はお花だけ。来年こそは!!

ハロウィンアレンジのお花は、ハロウィンというよりも、
秋をテーマカラーにした「ドラマティックレッド」にしてみました。
2011_halloweenarrange1
ハロウィンだと、ブラック、パープル、オレンジなどのカラーになりますが、使用しませんでした。
フラワーベースはネイビー×オレンジのもので、ハロウィンカラーになったかな。
2011_halloweenarrange2

真紅レッドの中に、純白のホワイトカラーのバラとの出逢いを思いつきまして、
ドラマティックにと、テーマを決めました。
2011_halloweenarrange3

メインは、ローズ。

赤と白が混ざったバラは、 アローフォリーズ。
ホワイトローズは、アバランチェ。
小さいホワイトローズは、ちょうどベランダで咲いていたアイスバーグも一緒に活けてみました。

真紅のバラは、違う近所のお花屋さんだったので、品種が書かれていませんでした。
同じく、真紅のケイトウもお気に入り(*^-^*)
2011_halloweenarrange4

秋らしく、ドナセナレッドの葉や、ブラックを使いたくて、日扇の実、ドライアジサイを使ってみました。
キレイなカラーも素敵だけど、季節感のある少し枯れたものも、風情がでていいかも☆

最後に、ハロウィンらしく数年前に購入したハロウィンのピックを入れてみました。
うーん。やっぱり、オレンジカラーが入ると、ドラマティックではなくなっちゃう~(><)
2011_halloweenarrange5

思い描いてた、花材がなくても、なんとか秋をテーマにしたアレンジになって大満足。
自分で描いて、実現するというアウトプット力をもっともっと高めて行きたいな。

プリザーブドなどは、とびきり可愛いアレンジを好みますがフレッシュフラワーは、シックにダイナミックなものにも惹かれます。
いけばなが、空間美だからでしょうか。

もちろん、キュートなものも好みなのですが、いろんなテイストでいけれたらいいな。


ブーケ・オートクチュール☆
2011年10月26日 (水) | 編集 |
こんばんは。
先日、とても衝撃を受けました!!!!

カトリーヌ・ミュレーさん という、パリのトップフローリストさんの本を購入したんです。
カトリーヌ・ミュレー スーパーフラワーレッスンカトリーヌ・ミュレー スーパーフラワーレッスン
(2011/10/06)
不明

商品詳細を見る

最近、NHKでも特集されていて、雑誌でも目にしていたので存じ上げていましたが。

彼女が一躍トップフローリストになったのは、もちろんセンスの良さもそうですが、
彼女が2000年に発表した ブーケ・オートクチュール にあります。

通常のラウンドブーケは、トップに掛けて丸みを帯びていて、下の方はステムになっています。
(本では、きのこ型と記載されていました)
ところが、彼女のブーケは、全体に真ん丸く、下の方にも花があり、
花がそれぞれ生き生きみえるところ。

そして、ステムの部分もまるでバレリーナのトゥシューズのように巻き上げて、一輪添えて・・・
全体として可憐なところに感動しました。
catherine-muller1 
catherine-muller2
本を携帯でパチリしたので、うまくとれていませんが・・・
でも、ブーケはとても素敵ですよね☆

ブーケもさることながら、表紙の「マリーアントワネットスタイル」のアレンジも、素晴らしいんです。
お花の向きはフォーカルポイントはもちろん、上を向いていたり、下を向いていたりして表情豊かなんです。

私が習ったフラワーアレンジメントでは、グルーピング手法を用いていたり、
花の向きも習いましたが、そこまで花の向きがまちまちではありませんでした。
もちろん、習ったフラワーアレンジも好きではありますが・・・

だんぜん、カトリーヌさんのお花に魅了されてしまいました。
私も、もっと生き生きとしたアレンジがしたい!

いけばなは、素材と空間美をテーマとしていて、そのいける出会いの楽しみ方があり、
その気持ちをフラワーアレンジにも生かしたいと思っていたので、カトリーヌさんは本当に好みでした。

ヨーロピアンアレンジには、とても関心がありましたし、
いけばなの先生にも、ヨーロピアンアレンジは、いけばなの心も似ているからよいのよと伺っていましたので、
やっぱり、私はヨーロピアンが好きなのだと実感!!

本と一緒にDVDもついていて、思わず何度も見て、本にもポイントや感じたことを書いてみたり・・・

今年NHKで放送されていたスーパーフラワーレッスンを収録したDVDが発売になるので、購入しようかな(*^-^*)

カトリーヌさんのお花のあわせ方も、独特でシックな中に可憐な花があったり、とても素敵。
これも感性がなせるものなのでしょうね。

あぁ~。本当に感動しました!!!
写真の整理していたら、以前花の貴公子エリック・ショヴァンさんのショーの写真が出てきたので、
また別記事にもUPしますね。
彼もまたすんごい方でした☆

ではでは~☆Ciao!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。